会社情報

ごあいさつ

しげる工業はお客様と共に
時代に先駆ける製品づくりを
進めてまいります。

内装部品を核にグローバル企業へと発展

しげる工業株式会社は、1960年(昭和35年)太田市において、バス内装部品メーカーであった京和装備株式会社(1957年設立 現しげるテック(株))から自動車艤装部品工場として分離独立するかたちで設立されました。以降、内装部品のシート、インストルメントパネル、ルーフトリム、ドアトリムと生産品目を拡げ、1983年には生産拡大に伴い市野倉工場を建設し、1987年には北米の生産拠点・ハートランドオートモーティブLLCを設立して業容を拡大してまいりました。また、2004年には、お取引先様の拡大に伴って大分県中津市に株式会社シーゲルを設立しています。この間、製品は多様な内装部品・外装部品をカバーするようになったほか、産業機械用シート、マッサージチェア、医療用ベッドなどへと広がっています。さらに、2008年タイにシゲル(タイランド)LTD、2009年中国に蕪湖茂信机機有限公司を設立し、グローバルな生産拠点展開を進めています。

企画から設計・製造の自社一貫体制が特色

こうした事業の発展と成長を支えているのは、お客様のご要望と市場のニーズにいち早く対応する生産体制と技術力の構築といえます。特に自動車内装・外装部品では、カーメーカーの企画段階からの技術参加に始まり、設計・評価・生産技術・製造・物流と一貫した体制を築いており、これが当社の大きな特色となっています。また、インストルメントパネルの製造では、すべての部品を組み付けたうえで1つのモジュールにして供給しており、その独自な組立ラインが高く評価されています。製造設備の開発、治工具の製作を自ら行うことも当社の伝統としてあり、製造現場の創意と絶え間ない技術向上への努力は当社の誇るべき強みといえます。

これからも快適な居住空間の創造で貢献

自動車生産は長大なサプライチェーンで成り立っています。当社がその中で成長を続けていくためには、品質・納期・コストの全てでお客さまに満足していただくため、常に世界トップレベルの設計・生産技術・製造体制が必要と考えています。自社内のみならず、協力いただく企業の力を結集し、各分野の優れた力を持つ企業とも連携して、一体となったチームで課題に取り組むことが大事だろうと思います。
当社は今後の発展を、社員一同が以下の3つの理念の上に立って実現して参ります。

  • 艤装部品の創造製作により社会に貢献しましょう。
  • 会社・社員と共に永遠の繁栄を念じて社業に打ち込みましょう。
  • 地域社会とのふれあいを大切に、共存共栄をはかりましょう。

しげる工業は、クルマの快適な居住空間の創造による社会貢献をメインテーマに、お客さまのベストパートナーとして、時代に先行する提案を行い、これまで以上に高品質で信頼性の高い製品を提供していきたいと考えています。

代表取締役社長
正田 敦郎

経営理念

あるべき道を求め続ける企業を目指す

  1. お客様へ満足と感動を提供し続けよう
  2. あらゆる環境変化にもスピード対応しよう
  3. 常に変革し続けよう

社是

  1. 艤装部品創造・製作に依り社会に貢献しましょう
  2. 会社、社員倶に永遠の繁栄を念じて社業に打ち込みましょう
  3. 得意先、地域社会との触れ合いを大切に共存共栄を計りましょう

経営目標

  1. 日本一の艤装品メーカーを目指そう
  2. 日本一の精鋭軍団を目指そう
  3. 環境変化に対応できる企業を目指そう