技術情報

開発・技術力

企画段階から参画し、高い提案力、開発力を発揮。

クルマづくりに欠かせない内装・外装部品の多様化、高品質化を、
企画段階から支えるしげる工業の技術力。

  • 写真:CAE解析(衝突解析)
  • 写真:衝突シミュレーター
  • 写真:自動塗装ライン

TECHNOLOGY01

クルマづくりの
パートナーとしての技術力

当社の開発・設計部門は、内・外装部品の開発・設計・試作・実験に高い技術力を持ち、カーメーカーの新モデル開発・生産に欠かせないパートナーとしての体制を築いています。
その協力は新モデルの企画段階から始まり、当社エンジニアがゲストインで参加して、提案された内装部品等のデザインが製品化可能かどうかを検討し、共同して計画図の制作にあたっています。
その後の量産化設計においても、軽量化、低コスト化、高級感など付加価値の創造といったニーズに応え、樹脂材料開発、工法開発にも踏み込んだ技術協力を果たしています。

TECHNOLOGY02

実験設備、
ベンチマーク室にも注力

提案のできる部品メーカーとして実験設備の充実にも力を入れています。衝突シミュレーター、振動試験機などの高度な実験環境と試験・評価技術は、カーメーカーの試験業務を受託するほどです。また、ベンチマーク室を設置して、他メーカーの内装部品の製品例を集めて展示し、提案や開発の幅を広げる一助としています。
さらに、産業機械向けシートの製造では業界トップレベルにあり、さらに開発力を充実しつつあります。技術面では海外製品に比べて品質での優位性を持っていますので、今後快適性など付加価値の開発に力を入れていきます。

ベンチマーク室
国内外のカーメーカーのパーツが勢ぞろい
製品の材料を自社で分析
衝突シミュレーター
ヘッドレスト強度テスト
無響室
残響室

TECHNOLOGY03

将来を描く
提案と開発を目指して

部品メーカーが言われたものを作っていればよかった時代はすでに終わり、今後、ますます提案力が求められることになります。
当社では、樹脂メーカーはじめ社外の専門企業、研究機関とも協力しながら、将来を予測しての提案を行い、その実現への開発・設計力を提供していきたいと考えます。一歩先を行く快適居住空間の実現に向けて、先行開発から技術協力するしげる工業を目指します。

執行役員 開発本部長
入沢 三男
一つの部品に対しチームを組みアイディアを出し合う
厳重なセキュリティが施されたCADルームでの設計