Top message

トップメッセージ

Top message
トップメッセージ

製品の多様化に臨機応変に対応する企業として
お客様のオーダーにお応えしてまいります
幅広い製品分野で誠実なものづくり

1960年(昭和35年)の設立以来、しげる工業は自動車艤装部品の製造に取り組んできました。60年以上の確かな歩みと豊富な経験で培ってきたのは、多様なニーズに応える幅広い技術です。製品群は、内装部品を中心に外装部品、産業機械用部品に広がり、誠実なものづくりでお客様の評価を得ています。大手自動車メーカーに必要とされ、頼られるパートナーとして、クルマに求められる「安心」と「楽しさ」を支えています。

次世代車にふさわしい居室デザインを提案

自動車業界は大きな変革期を迎えています。次代に向けた開発が進み、ガソリン車から電気自動車へと移行する動きが加速しています。そうした転換期にあって、当社もクルマの近未来を考え、次世代車にふさわしい居室空間づくりに役割を果たしていかなければなりません。内装イメージの創造に深くかかわる部品メーカーとして、しっかりとしたデザイン思想を持ち、新たな提案を積極的に行っていきたいと考えています。

代表取締役社長  正田 敦郎
デジタル技術を活用した全体最適化へ

市場動向が激しく変化し、クルマの開発サイクルがどんどん短くなっている中では、業務のイノベーションも必要です。今後は、デジタル技術を活用した全体最適化に取り組み、組織全体として最もパフォーマンスを発揮できる仕組みを構築していく考えです。製品の多様化に臨機応変に対応する企業として、製品のすそ野を広げ、事業の拡大を目指していきます。人材育成にも力を入れ、人の成長を企業の成長につなげていきます。